TOP | 自動車保険とは? | 自動車保険はなぜ必要か? | | | 当サイトについて |

自動車保険とは?


自動車保険とは?

自動車保険とは、カンタンにいうと、自動車事故がおきたときに人や車を守るためにある保険のことです。

自動車事故で、誰かに怪我をさせてしまったり、死亡事故につながったりした場合、またけが人がでなくても、物を破損したりといった場合などに自動車保険に入っていれば、保険金で補償されることになります。

自動車保険には自賠責保険と任意保険があり、自賠責保険は強制的に入らなければいけない保険のこと。

私たちがいっぱいに「自動車保険に入ろう」という場合の自動車保険はこの任意保険の方を指します。

任意保険は自賠責保険では足りない分の補償をつけるために加入するものなのです。


自動車保険の補償の内容とは?

具体的に自動車保険の任意保険にはどんなものがあるのでしょうか?

補償内容は、加入する自動車保険の内容によってちがいますが、主に以下のようなものがあります。


・対人賠償保険
・対物賠償保険
・自損事故保険
・無保険車障害保険
・搭乗者傷害保険
・車両保険

<対人賠償保険>
対人賠償とは、自動車の事故で他人にけがをさせてしまった場合や死亡させてしまったなど、人に対して損害を与えてしまったときのためのものです。


<対物賠償>
対物賠償は、車の事故で物に対して損害を与えてしまったときのための補償です。
自動車事故で他人の物を壊してしまったときなどに支払われるものです。


<自損事故>
自損事故保険は、自動車事故をその車の所有者や運転していた人など自分で事故を起こしてしまったときにも損害が補償される保険のことです。
この保険がついていれば、他人だけでなく、自分の損害も補償されることになるので、安心です。


<無保険者傷害保険・搭乗者傷害保険>

保険に入っていない車と事故を起こし、損害を請求できるときに、保険が支払われるのが、無保険者傷害保険。

また搭乗者傷害保険は、車に搭乗していた人が事故で死亡や後遺障害を負った時に支払われる保険のことです。

<車両保険>

車両保険とは、事故や盗難、その他災害などで車が損害を受けた場合に支払われる保険です。

保険の内容は契約次第で変わる

上の保険をすべてセットにした保険や個別に入る保険、リスク細分型保険など、自動車保険にはさまざまな形があります。

自動車保険は上のような保険がセットになっていることが多いですが、どの程度の損害額をカバーするか、補償の内容などは保険内容によって違ってきます。

自動車保険を選ぶときは、保険の内容をよく確認して、自分に合った自動車保険を選びましょう。