TOP | 自動車保険とは? | 自動車保険はなぜ必要か? | | | 当サイトについて |

自動車保険はなぜ必要か?

スポンサードリンク

自賠責保険と任意保険〜自動車保険って入らないとダメ?

事故を起こしてしてしまって、人にケガを負わせてしまった・・モノを壊してしまった・・

という場合、その損害を補償してくれるのが自動車保険です。

厳密にいうと、自動車保険には自賠責保険(強制保険)と任意保険の二つがあります。

自賠責保険は、車を運転する人全員が入らなければいけない保険のことで、私たちが一般に「自動車保険に入ろう」といっているのは任意保険のことです。

自賠責保険に入っていれば、任意保険は必要ないのでは?と思ってしまう人もいるかもしれませんが、車を運転する人なら、任意保険も加入は必須です。

なぜなら、

自賠責保険は、補償の金額に「上限」があり、対象は「人身事故」のみになっています。

ですから、人をケガさせてしまった場合で、補償の範囲内ならば保険金がでますが、それを超えてしまったケースやモノを壊した損害などは補償されません。

万が一、死傷事故を起こしてしまったり、相手に後遺障害が残ってしまった場合の、損害額は計り知れず、最近の判例では賠償金の額は上がる傾向にあります。

また、人身事故だけでなく、人の物に対する損害を与えてしまうこともあります。高額な物や荷物、商店などに対する損害の補償は自賠責保険では補償されません。

そのため、自賠責保険で補償されない範囲の補償をつけるのが自分で加入する「任意保険」なのです。


スポンサードリンク

任意の自動車保険に加入するメリット

任意保険をつけるメリットは、自賠責保険では補償されなかった部分以外を補償できることにあります。

自賠責保険→対人補償・金額上限あり  

に対して、

任意の自動車保険は

対人補償保険に加え、対物補償保険、車両保険などさまざまな保険がセットになっているケースが多く、特約などもつけることができます。


年々、賠償金が高額になっていっている今の社会では、ドライバーには任意の自動車保険に加入するメリットは大きいのです。

補償内容については、各自動車保険会社の保険によるので、よく比較して選ぶ必要があります。