TOP | 自動車保険とは? | 自動車保険はなぜ必要か? | | | 当サイトについて |

自賠責保険とは

自賠責保険とは?

自動車保険には、自分で任意に加入する保険と法律で加入が決められているものの2つがあります。

自賠責保険とは、法律で加入を義務付けられており、自動車を持っている人ならみんな入る必要がある保険のことです。

これに対して、自分で加入する自動車保険のことを任意保険といいます。


自賠責保険の加入が義務付けられている理由

自賠責保険には全ての車所有者(バイクも含む)が入らなければいけません。

これはなぜかというと、もし車で対人交通事故を起こしてしまった場合に被害者を守るためです。

事故にあった被害者は保険から賠償金が支払われます。

自賠責保険の内容とは?

上記のとおり、この自賠責保険は、事故の被害者に対しての補償のために作られたものなので、補償の範囲は人に対しての損害(対人)のみ。

支払限度額も死亡時3000万円までと限定されていますのでそれ以上高額の損害はカバーされません。

また物に対しての損害は対象になっていないので、相手の車にぶつかってしまったり、道端のものに車があたってしまったりした場合はもちろん補償されません。


このように、自賠責保険に加入していてもカバーされない範囲が多いので、任意保険が必要だといわれています。

まとめ

自賠責保険は対人賠償保険のみ。範囲も限定されている

対物補償はカバーされない

補償をカバーするためには任意保険が必要になる